ロフト付きの部屋に住むメリット&デメリット~本当に理解してお部屋探ししていますか?~

ロフト付きのお部屋のメリットデメリット

誰しもが必ず一度は憧れるであろうロフト付きのお部屋。
ロフトがあるだけで、なんであんなにオシャレに見えるのか、なんであんなに魅力的に見えるのか、もはや都市伝説並みの謎です。

今回は、「ロフトってあったほうがいいの?不便なの?」という疑問をお持ちの方に向けた、ロフト付きのお部屋について解説していきます。
特にロフト部分を寝室スペースにしようと考えている方たちに、一読していただきたい内容です。
著者の経験も踏まえ、徹底検証です!

ロフト付きの部屋に住むメリット&デメリット

・「ロフト」には2種類ある
・ロフト付きのお部屋のメリット
・ロフト付きのお部屋のデメリット
・結論~向き不向きはこんな人~

「ロフト」には2種類ある

「ロフト」と一言で言いますが、ロフトには2種類あります。
それは「ハシゴ式」と「階段式」です。
274789f830e94c473dd80e8befd7df04_s0b2a8262d337272a0513f7de0a2d7641_s
一般的なひとり暮らし用のお部屋にあるロフトは「ハシゴ式」です。
少しお高めのお家賃で、しっかりとした造りのお部屋に多いのは「階段式」です。

デメリットが多いのは、「ハシゴ式」のロフトです。
見てお分かりのように、両手がつかえないと登れません。
今回はひとり暮らしのお部屋に多い、ハシゴ式のロフトに焦点をあてて検証を進めていきます。

ロフト付きお部屋のメリット

・それだけでオシャレ!開放感のあるモテ部屋
・急な来客OK!5分待ってで、ステキ部屋に早変わり
・狭いお部屋でもスペース増

デメリット

・疲れているときに立ちはだかる、ハシゴという壁
・温度調節の効きにくいサウナ部屋
・「布団を干さなくていい理由を探す」魔法がかかる
・「掃除まだ大丈夫かな」という魔法にかかる
・電球どうする事件

 

~ロフト付きお部屋のメリット~

それだけでオシャレ!開放感のあるモテ部屋

f7c331ffcbdb1e2ebda09c358c2edfcb_s
ロフトのあるお部屋は、普通のお部屋に比べて数倍魅力的に見えます。
まず、ロフトがあるお部屋なので通常よりも天井が高いです。
天井が高いと、部屋の空間を広く見せることができます
例えば18㎡のお部屋でロフトがある場合とない場合では、大分感じる広さが違ってきます。

また、ロフトの空間を寝るスペースにした場合、お部屋部分にベッドを置く必要がありません。
狭いひとり暮らしのお部屋やワンルームでは、どうしてもベッドがメインになるレイアウトが多いですが、ロフトがあるとソファーを置いたりテーブルを置いたりとオシャレに楽しむことができます。

また数多くのお部屋を内見してきた著者の経験から思うに、
ロフトがある物件は外観もオシャレなものが多いです。
ただし、壁がうすい物件も多いですのでご注意ください。

急な来客OK!5分待ってで、ステキ部屋に早変わり

「これから急に友達がくる・・・!」
そんな場合もロフト付きのお部屋なら、5分で片付けることが可能です。

床に散らばっているあんなものやこんなものを全てロフト部分に投げ込めばそれでOK
パッと見はきれいなお部屋に早変わりです。

片付けは苦手だけど、友達にはきれいな部屋を見せたい・・・
という方にはピッタリかもしれません。

狭いお部屋でもスペース増

不動産屋でお部屋を探す時に、よく聞かれるのが「広さはどれくらいをご希望ですか?」という質問。
普通は、「15㎡以上です」とか「25㎡以上です」とか答えるのですが、ロフトのお部屋の場合は、想像している平米数より1.5倍近くのスペースが確保できると考えていいかと思います。

なぜなら多くの場合、お部屋の平米数にロフト面積は含まれていないからです。
(条件によっては含まれる場合もありますが、ひとり暮らしの物件の場合には含まれていない場合が多いです。詳しくは不動産屋にご確認ください。)
ですので、ロフト付きのお部屋は、書面上の平米数よりも使用できる面積が広いお部屋になります。

広いお部屋に住みたいけど、家賃的に厳しい・・・
という方は、ロフト付きのお部屋を探してみるのも一つの手です。

 

デメリット

疲れているときに立ちはだかる、ハシゴという壁

仕事が終わってヘトヘト・・・飲み会帰りでベロベロ・・・
そんな時にお部屋に返って立ちはだかるハシゴという壁。

ロフト部分に寝具を置いている場合には、どんなに疲れていても登らなければいけません。
しかも私の経験上、ひとり暮らし物件のハシゴ付きロフトは、斜度が急なものがほとんどです。
中にはほぼほぼ直角なものも・・・。

疲れ切った体にこのハシゴを登れというのは、もはや試練以外の何物でもありません
この試練に耐えるのか、それとも床で寝てしまうのかはあなた次第です。

温度調節の効きにくいサウナ部屋

冷たい空気は下に溜まります。
ロフトスペースは上にあります。
さて問題です。
夏場にはロフト部分はどのような環境になるでしょうか?

・・・もう皆さんお分かりのとおり、夏のロフト部分は熱でムンムンしています。

2df1b4c059904e1211001b5d23c14f25_s
「エアコンがあるから大丈夫」
とお思いのあなた。
甘いです。

エアコンは居住のメイン部分の温度調節するものなので、エアコンがロフト部分に設置されていたり、ロフトに届く場所に設置されていることはほぼほぼありません。
(お家賃の高いお部屋の場合には、ロフト部分に専用サーキュレータがついていたりしますが。)

そう、温度調節も自分でしなければいけないのです。
ロフトの温度は、居住部分のお部屋の+5度とも言われています。
ロフト部分を寝室スペースにする場合には、夏場には扇風機を買うなり、サーキュレータを買うなりと工夫が必要です。

またロフト部分は、上の階の足音や騒音が直に響いてきます。
実際に住んでみないと騒音部分までは詳しくわかりませんが、最悪物置にするくらいの覚悟で済まないと、思い描いていた生活と大きくかけ離れる危険性があります。

「布団を干さなくていい理由を探す」魔法にかかる

私がロフトを寝室スペースにしていた時に、立ちはだかった一つ目の課題はこれでした。
ロフトからの布団の上げ下げって非常に面倒です。

想像してみてください。
ロフトから布団をおろすのは、簡単にできます。
上から下に投げるだけです。

でも布団を干した後に、あげるのは困難極まります。
身長の高い方なら問題ないかもしれませんが、身長160㎝ほどの女子がほぼ直角90度のハシゴに乗りながら、重い布団をおしあげる。
超重労働です。

次第に「布団を干さなくてもいい理由」を探し出し、結局最後にはロフトは物置と化しました。
皆さんもご注意ください。

「掃除まだ大丈夫かな」という魔法にかかる

これも布団マジックと同じなのですが、掃除が超絶面倒くさいです。
まず重たい掃除機を上にあげなければいけません。
8291fb523fe4037223b0f0a3bb205330_s
たいていのロフトは十分に立ちあがれる高さはありませんので、中腰になります。
中腰でずっと掃除をしていると、なんだか腰が痛くなってきます。

掃除が終われば、掃除機を下におろさなければいけません。
布団と違い掃除機は電化製品です。
上から「どりゃっ!」ではおろせないのです。

このような背景から、掃除が超億劫になります。
通常の部屋の2倍分くらい、掃除に労力がかかります。
皆さんのご注意ください。

電球どうする事件

ロフト付きのお部屋に引っ越して、一番困った事件はこれです。
電球どうする事件です。

それはある日突然やってきました。
いつも通り仕事が終わり家に帰ると、居間の電気がつきません。
「あっ、電球きれたんだ」と思い、古い電球を外そうと思いました。
ふと電気をみあげた私は、そう、そこで気づいたのです。

・・・・天井高すぎて電球外せない
そこからは悲劇でした。
テーブルの上にクッションを重ねても届かない、ロフト部分からは距離が足りない。
そう、自分では何もできないのです。

結局近くの地域密着型電気屋さんに駆け込み、出張料金を支払い取り付けててもらいました。

皆さんも内覧の際には、「電球が切れたときに対応できるのか」まで想像してご覧いただくことをおススメします。

結論~向き不向きはこんな人~

ここまでなんだかデメリットばかりお話ししてしまいましたが、ロフトのあるお部屋はオシャレで入居前のモチベーションが上がるのは確かです。
使いようによっては、お部屋の空間を圧倒的に広くできます。
同じ平米数でも、ロフト部分の空間がついてくると思えばお得です。
私にはできませんでしたが、下記のような方はきっとロフト付きのお部屋も使いこなせるかと思います。

・几帳面で掃除などをきっちりする方
・見た目重視派で、なんとしても友達が呼べる部屋を保ちたいと、モチベーションが保てる方
・荷物が多く、最初からロフトを物置として考えている方

ただし上記にあてはまらない場合は、ロフトスペースは100%物置化するものと私は思っています。
実際に私もそうですし、私のまわりの友人たちもそうでした。

自分がどのような部屋を求めていて、
どこに一番価値を見出すのか、しっかりと分析してロフトつきのお部屋にするかどうかをお勧めします。

 

スポンサードリンク