ラインモバイルを3ヵ月使ってみた料金を公開~格安SIMはお得なのか?~

「家計の見直しを」と思い、思い立った格安SIM会社・ラインモバイルへの乗り換え。
格安SIMってなんだか怪しい・・・、なんだかんだで追加料金発生するんじゃ・・・、
とドキドキしていたら請求書が届いたので利用料金を公開してみました。

ラインモバイルを3ヵ月使ってみた感想をまとめてみます。

ラインモバイルを3ヵ月使ってみた~お得と噂の格安SIMデビュー~

3ヶ月の使用料金を公開

そもそもなぜラインモバイルを選んだのか
・その1:はじめは違う会社の格安SIM購入予定だった
・その2:なんと言ってもカウントフリー(LINE、Twitter、Facebook、Instagramが使い放題!)
・その3:データ速度
・その4:料金
・その5:キャンペーン

まとめ~デメリットは?~

 

3ヶ月の使用料金を公開

f6d4358d554439a1a5f1e401f5558921_s
私は過去2年間、「やっぱやり手の経営者と言ったら孫さんよね」という謎の上から目線とミーハーさで、ソフトバンクを使っていました。
ソフトバンク時代は、毎月8000円〜12,000円の使用料金をソフトバンクへ捧げておりました。
そして、それが普通のスマホ代だと思っていました。

だけどラインモバイルに乗り換えたところ、なんと3ヶ月間の使用料金は・・・

1ヶ月目は、事務手数料がかかる。

1ヶ月目は3,240円(税込)!
事務手数料がこの月は発生するので、3,240円分はその料金。
1ヶ月目の基本使用料は無料だったので、かかったのはこれのみ。

 

この月からは通常の使用料金適用開始

2ヶ月目は1,827円(税込)!
今までの5分の1以下!安い・・・

 

3ヶ月目。ちょっと料金はお高め、でもまだまだ安い!

3ヶ月目は2,734円(税込)!
ライン通話以外を結構使ってしまったので、ちょっとお高め。
でも従来の3分の1の水準はキープ!

請求メールを開封したときの、あの「えっ、今までなんだったの?」というあの感覚。
いまだに忘れられません。

じつは私自身、格安SIMに対して疑心を持っていたり、なんか騙されてるんじゃないかという気持ちを持っていました。
我が身をもって実感した、格安SIM・ラインモバイルの使い心地についてレビューします。

独り言:
私は1ヶ月目に事務手数料3,240円を支払ってしまったのですが、実はこれをグンと安くする方法があります。
その方法がこっちにまとめてみました。
事務手数料が0円に!ラインモバイルのエントリーコードを入手する方法

 

そもそもなぜラインモバイルを選んだのか

その1:はじめは違う会社の格安SIM購入予定だった

8cb4eaf104821b14e3a7b36a5c846f91_s
ソフトバンクの更新時期だったこともあり、
「スマホ代がグンと安くなる」と雑誌やネットで噂だった格安SIMへ移行してみることに。
周りに格安SIMに換えたいと言っていた友人たちはたくさんいましたが、
ちょうど更新時期だった私が生贄(?)に選ばれた、というのも一因に。

じつは初めは「どこの会社もそんな大差ないだろう」と思っていたので、
業界最安値をうたっているDMMモバイルに乗り換え予定でした。

サイトを見ていると、なんだかよくわからないことがあったのでDMMモバイルに確認して聞いてみることに。

結果、
電話➡
つながらない。
時間おいてかけてを繰り返し、20回目でようやくつながる。
しかし「私は担当じゃないのでわからない。この電話では担当部署につなぐこともできない、始めの音声ガイダンスで○番を押してください。」で終わる。
その後、何回もかけてみるが、結局1回もつながらず。

チャット➡
チャットのお問い合わせ機能があったので使ってみることに。
だけどなんだか会話が変(機械の自動返信かなにか?)。
問い合わせても、「どこのページに書かれているかURL送ってください」と言われ、URLを送ったら応答がなくなる。
この繰り返しを2,3回し、最後に言われたのが「電話でお問い合わせください」。

なになに??
格安SIM会社って超あやしい

でも、ここで挫折するわけには・・・
と思って、次に挑戦したのがラインモバイルでした。

なぜラインモバイルを選んだかと言うと、「あの有名なラインの会社だし」という超安易な理由+下記の機能があったからでした。

 

その2:なんと言ってもカウントフリー(LINE、Twitter、Facebook、Instagramが使い放題!)

e34c58b24832080e96fa78ea7add11a2_s
色々な格安SIM会社の中で、ラインモバイルの一番の魅力は、
ライン、Twitter、Facebook、Instagramが使い放題
ということでした。

使い放題というのは、データ消費量が発生しないという意味です。
インスタでどれだけ動画見ても投稿しても無料、ラインでの電話も無料、ということです。

格安SIMのデメリットは、「通話料金が別にかかること」と思っていたため、通話料を抑える方法をいろいろ探しましたが、アプリをインストールしたり、なんだか仕組みが複雑で途中で放り投げる自体に。
私にはできないかも・・・と弱気になっていたのですが、
ライン電話無料で使えるなら、電話機能そんなに必要じゃない!
という結論にいたりました。

そして実際に通話は、ほぼほぼライン電話ですべて済ませ、上記の料金を実現したのでした。

独り言:
ラインモバイルでは、仮に月額のデータ使用量に達して通信速度が制限された場合でも、ライン、Twitter、Facebook、Instagramは通常の速度で利用可能です。
もし上限に達した場合でも、データ容量は0.5GB(500円)、1GB(1,000円)、3GB(3,000円)で追加購入可能です。
ソフトバンクも1GB(1,000円)で販売しているので、追加分は大手と同じ水準のようです。

 

その3:通信速度

6cc150de312473a85919d213c0253952_s
「格安SIMって通信速度遅いの??」という疑問があったのですが、
いろいろなサイトを見てみてもラインモバイルの通信速度の評判は上々。
ドコモの回線を使用しているので、安定しているようです。
多くの格安SIM会社はドコモの回線を使っているようです。ラインモバイルだけじゃなかったです、失礼いたしました。

私も実際に使ってみて全くストレスを感じたことはありませんが、ドコモでつながりにくいエリアはラインモバイルもつながりにくいということなのだと思います。

SNSで動画を見ることが多い私は、
「スピードが速い」
という評判も、ラインモバイルを選んだ大きな理由でした。

 

その4:料金

%e4%b8%8d%e7%94%a8%e5%93%81%e3%82%92%e8%b3%a2%e3%81%8f%e5%a3%b2%e3%82%8b
ラインモバイルの料金を、業界最安値と言われているDMMモバイルと比較してみました。
料金比較
最安値と比較しても、どんぐりの背比べくらいかな??というくらい料金が安いです。
3大キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)の通信データ標準設定が5GBなので、3GB、5GBあたりで契約している方が多いようです。

それにしても安い・・・
今までの10数年間、なんであんな高い携帯代を払ってきたのでしょうか・・・

 

その5:キャンペーン

2f54e81fafbd122d4f9a1a8a53540954_s
私が加入した時は
・初月の月額基本料無料
・3GB×3ヶ月プレゼント
をやっていました。

現在は、
・初月の月額基本料無料
・3GB×2ヶ月増量キャンペーン
・夏のトリプルキャンペーン
をやっているようです!(2017年8月時点)
キャンペーンも随時変わるようですので、要チェックです。

他の格安SIM会社のキャンペーンは「ポイントプレゼント!」とかだったので、
どこでポイント使うのかよくわからず、
やっぱ分かりやすいラインモバイルだな、と思ったのも決め手です。

ラインモバイルは余った通信量は次月まで繰り越せるので、3GBを3ヶ月連続でもらえるのであれば、実質4ヵ月間はデータ通信料にかなり余裕をもって使えることができそうです。



さらに今は、
・端末保証オプション
も始まってました。

落下や水没で壊れても、最低限の負担で端末交換&修理ができるようです。
例えば自分で用意したiphoneの場合だと、
・月額利用料500円
・1回目壊した時は4000円で修理可能、2回目は8000円で交換・修理可能。(利用回数年2回まで)
で修理可能です。
※iphoneは修理のみ対応。

ただし下記の文言があるので、

保証対象期間は、自然故障の場合、LINEモバイル契約成立日の属する月の翌月1日から、保証対象とする端末のメーカー発売月の3年後の同月末日までとなります。

発売されたばかりの機種を購入すると、必ず3年間は補償費用を支払わなきゃいけません。
年単位で見ると、アップルケアよりお得(アップルケアは2年間で14,800円。なので、1ヶ月あたり約600円。修理代金は7800円/2回まで)ですが、
「3年間も保証いらない!」という方は必要なさそうなオプションです。

逆に「3年保証してほしい!」という方には、うれしいオプションなのかも。

 

まとめ~デメリットは?~

d2ec2dda95bf3a6e92ed3a1e5fdce502_s
今のところ、不満点ありません。
一度電話したときも、スムーズに問題解決してくれました。
(デジタルオンチな私には、ここはやっぱり重要です。)

速度も、「あれ?私携帯会社変えたんだっけ??」と思うくらいソフトバンク時代と変わりありません。

ただ、まだ使い慣れてないだけかもしれないので、また気づいたこと出ていけばこの記事に追記していこうと思います。

データ通信量さえ超えないようにきちんと管理できれば、追加料金も発生しないので安心です。
どれくらいのデータ通信量が必要なのかは、今持っているスマホの月々の使用量を確認して、それに合わせればいいので特に悩むこともなかったです。

・スマホ料金が高いと思っているけど、サポートがほしい方
・SNS好きな方
・ポイント以外のキャンペーンがほしい方
・格安SIMはなんだか信用できないと思っている方
は、ラインモバイルを検討してみることオススメします。

 

スポンサードリンク