雑司が谷駅の住みやすさ〜都会の中にある歴史ある緑の街

「山手線に徒歩圏内で、家賃が安くて、落ち着いた所に住みたい」というワガママな賃貸派の願いも叶えてくれるであろう街、雑司が谷(ぞうしがや)。
今回は副都心線・雑司が谷駅の住みやすさをご紹介します。

<目次>
住み心地チェック!駅周辺の印象
治安はどうなの?
賃貸物件相場は?
池袋にも徒歩圏内!電車・バスのアクセスは?
買い物の利便性は?
こんな方にオススメ!

住み心地チェック!駅周辺の印象

雑司が谷の印象は、「住むほどに味が出る街」です。
駅前も静かで、周辺にも住宅街が広がっているため、落ち着いた印象の街並みです。周囲には大学やお寺があり、歴史と緑に恵まれた街とも言えます。歩いて行くとマンションも多く、賃貸物件が立ち並んでいます。

【雑司が谷駅周辺の様子】

駅を出たところにある明治通りの坂道

駅を出たところにある明治通りの坂道

西側には、幹線道路である明治通りの坂道があります。常に車の流れがあり、静かな雑司が谷エリアでも喧騒を感じるエリアと言えます。交通量が多いので、うるさいのが苦手という方は幹線道路沿いの物件探しは避けたほうがベターです。大きいマンションが立ち並び、一人暮らし用の賃貸物件からファミリー層向けまでそろっています。

東側には閑静な住宅街が広がる

東側には閑静な住宅街が広がる

東側には閑静な住宅街が広がっています。西側とは違い、こちらには一戸建てや低層の賃貸マンション・アパート物件が立ち並びます。自転車のペダルの音が響くような、静かな空間が印象的です。
昔ながらの商店街(と言えるほどの規模ではないかもしれませんが・・)には、なんだか昭和を思い出させてくれる布団屋や本屋、ドラッグストアが立ち並んでいます。

避けては通れない坂道

避けては通れない坂道

雑司が谷エリアは坂道が多いことも特徴です。
駅の南側には、都内でも有数の急な坂と言われている「のぞき坂」があります。この他にも周辺は坂道が多いので、徒歩はもちろん自転車での移動にも体力が必要そうです。体力に自信のない方や女性の方は、一度足を運んで周辺環境を確かめながら物件探しすることをオススメします。

【鬼子母神や都電の和やかな雰囲気】

母子鬼神堂に続く並木道

母子鬼神堂に続く並木道

北西には、安産・子安の神様である鬼子母神を祀るお寺があります。お寺周辺にはケヤキ並木があり、特に緑を感じることができる場所です。なんだか優しい気持ちになれそうな、そんな街並みです。

地上を走る都電

地上を走る都電

地下鉄副都心線の上には、都電荒川線が走っています。一両の車両はなんだか可愛く、また意外と乗客も多いのが驚きです(多いと言っても、混み混みではないです)。都心部を小さく半周するような路線は利便性も高く、また何よりも春には窓から見える桜が綺麗です。

【実は漫画でも紹介された注目エリア】

ヤングマガジンで掲載され、その後テレビドラマにもなった漫画『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』。本当にすみたい街を紹介していくお引越し漫画の中で、第1回目として取り上げられたのがなんと雑司が谷なのです。
雑司が谷の魅力について気になる方は、是非漫画ものぞいてみてください。

治安はどうなの?

治安
住み心地の中でも特に気になるのが治安面。どんなに素敵な物件に巡り合えても、治安が悪ければ躊躇してしまい物件探しが振り出しに戻りかねません。治安面についても詳しく見ていきます。

豊島区の中でも治安が良いエリア

雑司が谷は豊島区に位置しており、豊島区は場所によっては治安が悪いエリアもあります。しかし、その中でも雑司が谷は治安の良いエリアと言われており、警視庁公表のデータでも犯罪件数は少ないです。
治安面に不安のある、池袋から歩いて帰る場合などは、自転車を活用するなど女性は気にかけたほうが良いでしょう。

また閑静な住宅街に位置しているため、夜道は暗めで怖い印象を抱く方もいるかもしれません。昼間は多くの大学が周辺にあるため、若者からファミリー、高齢者まで色々な年代が行き交う街でもあります。

治安面が良いところも雑司が谷の魅力です。

 

賃貸物件相場は?

家賃においては「コスパが高い街」と言えます。下記が雑司が谷駅の賃貸物件家賃相場です。一人暮らし向けのワンルームから1LDKになります。

ワンルーム 7.05万円
1K 7.52万円
1DK 11.20万円
1LDK 13.24万円
出典)HOME’S http://www.homes.co.jp/chintai/tokyo/zoshigaya_10050-st/price/

東京の中でも、山手線内側は特に賃貸物件の家賃が高いと言われています。雑司が谷は山手線内側に存在しつつも、一人暮らし向けのワンルーム&1Kともに賃貸の平均家賃が7万円台と安い相場になっています。いわゆる家賃の穴場スポットと言っても、過言ではないでしょう。

 

池袋にも徒歩圏内!電車・バスのアクセスは?

交通手段
地下鉄副都心線都電荒川線の2路線が通っています。また山手線の目白駅や池袋駅にも徒歩圏内と、アクセス面で恵まれています。周囲には東京音楽大学、学習院大学、日本女子大学など多くの大学があり、早稲田大学にも徒歩25分ほどのため、学生の一人暮らしにもオススメです。一人暮らし用の賃貸物件も多く、春には大きく動きそうです。

【地下鉄副都心線】

地下鉄副都心線路線図
地下鉄副都心線は主要駅へのアクセスが非常に優れており、通勤時間を避けるとそこまでの混雑もなく便利です。土日でも座れる可能性が高いです。
また、東急東横線と繋がっているため横浜方面へのお出かけにも楽チンです。

主要駅へのアクセス
駅名 所要時間 乗り換え
池袋駅 約2分 なし
新宿3丁目(新宿駅まで徒歩圏内) 約6分 なし
明治神宮前(原宿) 約11分 なし
渋谷駅 約13分 なし
代官山駅 約17分 なし
横浜駅 約46分 なし
東京駅 約25分 1回
上野駅 約30分 1回
品川駅 約41分 1回
独り言:
副都心線は地下が深い地下鉄になります。なので、地上からホームまでの距離が結構あります。多くの路線が走る渋谷駅でも、副都心線は地下5階に位置するほどの深さです。
地上からホームまで距離があることをきちんと認識し、朝は余裕をもって出発することをオススメします。

【バス】

バス路線も多く走っており、池袋や渋谷、新宿、早稲田などへはバスでも向かえます。地下鉄が苦手・ホームまでが面倒くさいという方は、バスでの移動も可能です。

【徒歩】

西側に位置する山手線・目白駅へは、徒歩10分ほどでアクセスできます。また、北西に位置する東京のターミナル駅である池袋駅へも徒歩20分ほどで行けます。ただし両方とも坂道になります。
雑司が谷エリアで暮らす以上、坂を避けることは難しいです。

 

買い物の利便性は?

スーパーマッケト
実際に住むとなると、気になるのが買い物の利便性。特に一人暮らしだったり帰宅時間が遅かったり、そんな時にはスーパーの営業時間も気になるものです。駅周辺のスーパーをまとめてみました。

【買い物はちょっと残念。大型スーパーはなし】

雑司が谷駅前にはスーパーが2軒ありますが、どちらも大型スーパーではないため、品揃えには限界があります。自炊をしようと考えている人には、少し不便かもしれません。駅近くには、24時間営業のお弁当屋「オリジン弁当」があるので、一人暮らしの人には嬉しい存在になりそうです。またドラッグストアは、西北方向に駅から10分ほど歩いた場所にツルハドラッグがあります。こちらも24時間営業です。
目立った飲食店も少ないため、グルメな人には残念な街かもしれません。

スーパー1:miniピアゴ

駅からすぐ近くのスーパーマーケット・miniピアゴ

駅からすぐ近くのスーパーマーケット・miniピアゴ

駅南側徒歩1分程度にあるのが、miniピアゴ。24時間営業の強い味方です。小型店舗です。

スーパー2:マルエツプチ

miniピアゴのすぐ近くにはマルエツプチモ

miniピアゴのすぐ近くにはマルエツプチモ

miniピアゴからすぐの距離にはマルエツプチがあります。営業時間は8時〜22時。残業で終電近くになる場合には、買い物は厳しそうです。こちらも小型店舗です。

カフェは多い

カフェ
日常生活における買い物は不便な面がありますが、雑司が谷にはおしゃれカフェが多くあります。歴史的な建物が多く、散策スポットでもあるため、休憩スポットとしてカフェが多い地域になったのかもしれません。レトロなカフェで、ホッと一息つく素敵女子に出会えそうな街です。

 

こんな方にオススメ!

OK
雑司が谷はこんな方にオススメです。
・静かな暮らしを追い求めたい人
・家賃が比較的安めで、治安が良いところに住みたい人
・買い物が少々遠くても、億劫ではない人

良く言えば落ち着いた暮らし、悪く言えばちょっと地味な暮らし、と言ったところでしょうか。
山手線内でこの家賃相場でこの治安の良さは、はっきり言って掘り出し物とも思います。

池袋から徒歩圏内で、スーパーの充実性を重視したい方には、2駅先の要町がおすすめです。要町の住みやすさは、要町駅の住みやすさを徹底検証〜池袋に近い、ストレスの少ない街をご覧ください。

一人暮らしからファミリーまで、東京で物件探しを検討している方は、是非ご参考ください。

 

スポンサードリンク